ぽぴSUN日記 エンターテイメント 忍者ブログ

カテゴリー「エンターテイメント」の記事一覧
先日、やっと見て参りました!

百人一首メンバー、Nごんと共に。


LA LA LANDって単語に意味あるのかな?
『自分の世界に陶酔する』というような意味があるそうです。
ちなみにLAはロサンゼルスのLAから由来しているらしい。

へー!そうなのか。


結末はアメリカらしい?
あー、そうきたか。

でした。
もっとミュージカルな映画かと思いましたがそうでもなかったです。






さて!
次はこれを見たいと思っております。
マンガで読んでいました。映画もたぶん面白いはず!
主人公は神木竜之介でドンピシャリでしょう!
さっさと前編を見ないと後編が公開されてしまう~~

Nごんには一人で見て来いと言われました。そうだねー1人で見てくるわ。
旦那さんもこの映画に興味なさそうです。あはは



3月のライオンは将棋の爽やか系マンガです。将棋のマンガといえば『月下の棋士』の方が好きですが、爽やかとは言えないマンガです。実写版あればいいのに。


オイラ、将棋はちんぷんかんぷんですけどね。

拍手[0回]



今年話題になった『君の名は』!
今さらですが見てまいりましたっ。

映画館で見る映画はやめられませんですね。
大きいスクリーンは風景や情景を私達の脳裏に焼きつけてくれます。

東京と信州の田舎が舞台のストーリー。
八百万の神々が住む日本は美しい。

拍手[2回]

アメリカドラマ好きです。
最近はコレ。

ワンスアポンアタイム

おとぎの国の登場人物たちが魔女の呪いで現代の街ストーリーブルックに記憶と共に閉じ込められる話。
あっちの世界とこっちの世界のストーリーが交錯しながら謎が解き明かされていくのです。


ちなみに
写真左から
白雪姫の継母(悪い魔女)
フック船長
エマ(白雪姫とチャーミーング王子の娘)
ヘンリー(エマの息子・白雪姫とチャーミング王子の孫)
ルンペルシュテルツキン(藁から金の糸を紡ぐ話にでてくる小人)
ベル(美女と野獣)
チャーミング王子
白雪姫


子供の頃に読んだ本の登場人物たちが出てくるからよけいに面白い。童話だとそのキャラクターの生まれ育った環境までは言及しないもんね。
その他かなりのキャラクター数ですが、その中の一人。
赤ずきんも出てきます。
愛すべきメインキャラの1人。
左が白雪姫で右が赤ずきん



赤ずきんは現代の街、ストーリーブルックでおばあさんと飲食店&宿を経営しております。
イカしたロックテイストなおねーちゃんです。あっちの世界では実は狼族で満月になると美しい狼に変身。なんと変身しないようにするのが、この赤いマントの役割なのです。

呪いが解けて、ストーリーブルックの住人達はあっちの世界を思いだしたシーズン2。
赤ずきんも過去と自分の能力と狼に変身したときの抑制方法を思い出しました。




こちらは白雪姫の継母。美しい。

現代での彼女はレジーナという名前のストーリーブルックの町長(市長か?)
あっちの世界では魔法、こっちの世界では権力をふりかざす怖い女性ですが、本当は心優しい女性だったのですよ!
なんとなんと彼女の母親がこれまた恐ろしい魔法使いで…
環境は人を変えるのですね。





白雪姫


白雪姫、現代では学校の先生。

純粋で愛を貫く白雪姫。
素晴らしい事なのだけど、純粋で悪気はない行動が誰かを傷つけて取り返しのつかない事になる場面もあるのです。
これって日常生活でもそうだと思う。
悪気がなければ許されるのか。
知らなかったからと言って許されるのか。
あぁ、まるで氷点の陽子のようだ。
でもこのキャラクターも好きです。


イギリスドラマのダウントンアビーも見てます。
熱狂具合はワンスアポンタイムの方が上回りますが。
LOST以来ですよ。
こんなにはまったのは。
LOSTのファイナルシーズンが終わった時は、友人のなおごんと

「あぁ、LOSTが終わってしまったと共に自分をLOSTしてしまった感じだね。まさにLOSTY」

と途方に暮れたものです。
ワンスアポンタイムはシーズン6が決定しているそうです。
日本では今月からwow wowでシーズン3が放送されます。
まだまだ楽しめる~♪
シーズン2のDVD見てから、録画予約しているシーズン3を見たいと思います。
このドラマが終わったら途方に暮れそうです…。



童話と言えばグリムとイソップ。
そしてアンデルセン。
グリムとイソップは本だけど、アンデルセンといえばコレでしょう!
 
おーや♪
おーや♪
アンデルセン♪


今日は1人で白熱して書いてしまった…。
たぶん、また書いちゃうかも。


拍手[3回]

赤毛のアンが大好きです。
アンの感じる世界観が少々鬱陶しいと感じる反面、
見て感じた感覚を言葉にできるアンが素晴らしいなと。

実際はアンシャーリーが言葉にしているのではなく
作者のモンゴメリ、それを訳した村岡花子氏がすごいって話ですよ。
文章だけで自分の脳内にグリーンゲイブルスが浮かび上がって
それが現実的に感じてくるわけです。

今まで何も考えずに赤毛のアンを読んでたけど
翻訳家ってすごいんだなと思います。
普通の生活でさえ自分の言いたいことを言葉で伝えられないのに
それを英語から日本語にするんです。
内容を理解してもそれを日本語にするのは難しい。
日本語の達人でなくては無理だと思う。
アンの夢の家までしか持ってないから続きも読んでみようかな。
それ以降はミドルライフに入っていくアンに違和感を感じました。
背後には戦争もあるし。
自分が10代20代だったからかな。
今だったら違う感覚で読めるかも。

次のNHKの連続テレビ小説は赤毛のアンを翻訳した村岡花子氏が主人公らしいです。
オイラの持ってるアンシリーズの翻訳は全部村岡氏。
調べてみると、たくさんの人が翻訳してるみたいです。
村岡さんってどんな人だったんだろうな。
気になるのでNHKのドラマ、見ていこうと思います。

拍手[0回]

連日、早く寝なくてはと思いつつ テレビに釘付け。

スノーボードの銀・銅メダルおめでとう~~!
モーグルの愛子ちゃんお疲れ様~~!

冬のオリンピック!!!
どうでもいい話ですけど、 美男美女が多すぎじゃないですか?

カーリングのロシア女子チーム。
モデルさん達ですか?
美人じゃないとチームに入れないとか?



VS日本でしたけどロシアチームに魅入ってしまうではありませんか!


今回のオリンピックから新たに加わった
スキーとスノーボードのスロープスタイルには
度肝を抜かれました。
人間ってあんなことできるんですね。
スキーも自由で楽しくてかっこいいのでR!

しかも選手達がかっこいい!( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

アイススケートの人たちも美男美女が多い!( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

日本に限らず、世界にはすごい人たちがいるんだ!
って感動できるだけで十分です。
選手達にはがんばって欲しい。
官僚制度みたいなスポーツ団体は改善して欲しい。

そして今日もコタツに入ったままで
夜が更け朝が近づくのでありました・・・







拍手[0回]

  
information
商品の入荷情報等のブログはコチラです。
ポピーズ3ブログ
facebook
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
まいごん
性別:
非公開
趣味:
海遊び
自己紹介:

最新コメント
[03/01 まいごん]
[02/28 yasuco]
[02/17 まいごん]
[02/17 まいごん]
[02/15 yasuco]